地産eco断熱協会 地域の新聞紙を原料とした、断熱材 エコで快適な住まいを実現します。
生産者の声 地産eco断熱生産者の思い
  • HOME
  •  > 
  • 生産者の声

製造機製作会社

株式会社大達精工場
本社・工場:〒579-8038 大阪府東大阪市箱殿町6-11
TEL:072-982-2401 FAX:072-982-2407
http://www.ohdate-seikojyo.co.jp/
≫メールでのお問合わせ

 著書「地域の新聞で作る地産地消の断熱材」より抜粋しております。

 
 

セルロースファイバーの工場横に4畳半位の体感ハウス3棟で
他の断熱材との違いを(調湿性・防音効果)を体感頂いています。
セルロースファイバーの棟は夏に湿度が約25%低く暑さを感じません。

吸音性も納得いただいています。
隙間のない丁寧な断熱施工と吸放湿性でエアコンのないお客様もいらっしゃいます。
セルロースファイバーの製造を始めてから社内の環境意識が高まりました。

(株)斉藤林業
代表取締役 齋藤英之

 
 

新聞は地域のご家庭や小学校からも積極的に受け入れています。
販売及び断熱工事は兵庫県を中心に関西エリアで地産地消を目指しています。

生産能力が30トン/月のミニプラントを導入し 一人で生産しています。
生産者とお客様の距離を大切にしています。

(株)兼久
代表取締役 田中 肇

 
 

断熱材はセルロースファイバーと珪藻土の組み合わせを超えるものを私はしりません。

断熱するだけではグラスウールや石油系断熱材のほうが安くすみますが
セルロースファイバーを使用した住宅の快適性には足元にも及びません。

地産地消の断熱材は極めて地球環境にやさしく住まう人の健康にも一役買うことでしょう。
チャンピオンは交代しますがセルロースファイバーは断熱材の王様です。

(株)OKUTA
代表取締役会長 奥田イサム

 
 

お客様から
「セルロースファイバーのおかげで、朝、布団から出るのを苦にしたことがありません。
外気が氷点下の日でも13℃を下ることがありません。私の部屋は暖房器具を使っていません。」

このような言葉を数多く頂き、自社で製造し、自社物件を自社で断熱工事までするようになりました。
環境負荷が少なく地域に貢献する家づくりを理解頂けるお客様と
一生のお付き合いをしていただきたいものです。

イデキョウホーム(株)
代表取締役 井出克広

 
 

地域材を積極的に使用する自然素材を多用した家づくりを行っています。
住み心地の良い長持ちする住宅とは、周囲の環境をうまく生かし、
温度と湿度の変化の少ない住宅であるべきです。

ドイツの多くの住宅で使用されている断熱材こそセルロースファイバーでした。
地域の新聞で作った断熱材で地域の家で生活することが環境に貢献する意味を訴えやすくなりました。

(株)石川組
代表取締役 石川義和

 
 

以前は断熱材のメーカから買っていましたが、
セルロースファイバーの時代がくることを信じて製造機を購入しました。

断熱材を作るのは楽しい。

(有)亀井工務店
代表取締役 亀井信忠

 
 

温もりのある天然木を使っています。
シックハウスの原因となりやすい化学剤は使わず、土の塗り壁を採用しています。

セルロースファイバーはメーカーから買っていましたが、お客様にお安く提供することを考え、
自社製造、自社物件、自社施工を始めました。

アイワホーム(株)
代表取締役 竹中徹郎

お客様からいただいた声

著書「木が教えてくれた家」より抜粋したお客様の声をご紹介いたします。

田中さんの声

夏にエアコンがなくても涼しいです。
寝苦しい夜がほとんどなく、近くにいるおばあちゃんはこの家が涼しいので、夏は毎日泊まりにきます。

福田さんの声

建築家の勧めでセルロースファイバーを採用しました。 その結果、音が静か、電気代もさがりました。
「快適な生活は機械で叶うと思っていました」
住まいはちゃんとした断熱で快適になることを知りました。
三階にお風呂と洗濯機があってお風呂の戸を開けっ放ししていてもジメジメしません。
前の家は冬寒くて夏が暑かったのですが、今、とても満足しています。

H様の声

外から帰ってくると暖房機のついていない室内が実に暖かくて心地よく、
さらにお隣は保育園ですが、保育園からの騒音はなく実に静か。

前田さんの声

私はピアノ教室を開いております。以前は借家に暮らしていてピアノのレッスンは別の会場でやっていました。
レッスンの時は当然、音について近所に気を使っていましたが
今、生徒さんが来られている時、周りに気を使わなくなりました。

Yさんの声

家中、温度、湿度が一定に保たれ、冬の結露もありません。
冬は一階に取り付けた蓄熱暖房機一台で各部屋、トイレ、脱衣場まで温度が一定です。

松村さんの声

断熱をセルロースファイバーに決めて家を建てました。
昭和7年に建てた家は寒くなれば雪が窓の隙間から入り、温度が下がれば流し台は凍りました。
今、家内は「暖かいので冷え性の自分にはうれしい」と喜んでくれました。

藤本さんの声

梅雨時、家の中はさらっとしています。
夫につきましては年と共に始まる加齢臭に悩まされていたことが嘘のように気にならなくなりました。
これも温度や湿度が一定に保たれ、呼吸する家ならではの効果で心地よく感じる毎日です。

T様の声

冬は暖かく過ごせたこと、特に朝起る時に以前のような辛さがまったくなくなった。
南側に交通量の多い国道がありますが車の音がほとんどせず実に静かです。

設計士 森川さんの声

セルロースファイバーの調湿性は構造材である木材にも優しいことが分かりました。
急激な乾燥や湿潤による木材の収縮、膨らみ、割れや反りなどが起こりにくい環境となり、
構造躯体を安定状態に保ち、狂いのない耐久性の高い長持ちする住まいを作れることを確信しました。

設計士 Hさんの声

お客様から「家の中の温度差がなくなった、アトピーが治った」などに
びっくりと同時に大変うれしく思っています。

建築家 前田さんの声

セルロースファイバーの施工後、建築中の家は、そのあと入る大工さん自身が暑くない、今までと暑さがまったく違う。
冬も温かくて仕事がはかどるなどの大工さんの声をお客さんに伝えています。

建築家 衣川さんの声

夏の暑さ対策は断熱と換気の工夫がなければ涼しくなりません。
屋根は夏に60℃〜65℃になります。
それを段階的に落とし、それでも入ってくる熱をどう外にだすかによって涼しさが変わります。
セルロースファイバーと適切な換気の工夫で快適な家となるのです。

     
地産エコ新聞   関連書籍のご紹介
お問い合わせ・資料請求   断熱工事・リフォームのご依頼