地産eco断熱協会 地域の新聞紙を原料とした、断熱材 エコで快適な住まいを実現します。
  • HOME
  •  > 
  • セルロースファイバーの沿革

セルロースファイバーの沿革

セルロースファイバー沿革
1975年(昭和50年) 日本のU社がアメリカ製のモノサームとK-13という
2銘柄のセルロースファイバーを輸入し事業を開始
後に自社で生産開始
銘柄/ユニパイロ  工場/福島県 数年で事業を撤退
1980年(昭和55年) 十條製紙(日本製紙木材)が生産開始
銘柄/ジェットファイバー 工場/福島県
1983年(昭和58年) 本州製紙(王子製袋)が生産開始
銘柄/ダンパック 工場/北海道
1985年(昭和60年) 紀州製紙(北越紀州製紙)が生産開始
銘柄/ファイバーエース 工場/宮崎県
1989年に事業を撤退しプラント他を吉水商事に譲渡
1989年(平成元年) 吉水商事が紀州製紙のプラントを譲り受けて生産開始
銘柄/ファイバーエース 工場/福井県
1994年(平成6年) セルテックが生産開始 
銘柄/ハイ・サーム 工場/福島県
1999年に事業撤退しプラントをエコライフに譲渡
1999年(平成11年) エコライフがセルテックからプラントを譲り受けて生産開始
銘柄/ハイ・サーム 工場/福島県
1999年(平成11年) エコトピア飯田が生産開始 
銘柄/エコファイバー 工場/長野県
2005年(平成17年)  吉水商事の代理店を経てデコスが生産開始 
銘柄/デコスファイバー 工場/山口県
※当団体の沿革について、無断での引用はお断りしております。

生産が始まった頃の出来事

国内で生産が始まった当初は寒冷地の天井断熱と一般建築物(S造)の折半屋根に結露防止として湿式吹付が主でした。

  天井断熱 ブローイング

  折半屋根の結露防止/湿式吹付

こんなことがありました

富士山測候所のシェルターの結露が酷く、 機材をヘリコブターで運び 建設省(国土交通省)と大成建設の協力で
その結露をセルロースファイバーで止めたことが新聞に掲載され話題となった

寒冷地では氷柱(つらら)が発生し、氷柱の重さで下屋が落ちることがあります。
下屋の断熱をしっかりすることで氷柱は発生しません。
その様子を青森のテレビ局が撮影し放映されました。

セルロースファイバーとグラスウールをコラボした断熱材「グラセル」が試作されたが
本格的に製造されないまま終わりました。

1985年(昭和60年)

<アスベスト問題>
耐火被覆・防音・断熱の目的で吹き付けられたアスベストを取り除いた後に
防音の修復材としてセルロースファイバーが多く採用されました。

1975年(昭和50年)以降の設計図書に当時多く使われていたアスベストの銘柄である
「ブロベスト」や「トムレックス」と書き込まれていたら調査が必要です。
アスベストの使用禁止後はロックウールの吹付が主流となりました。

↑駐車場に見られるロックウールの吹付(見た目ではアスベストと変わらない)
1990年(平成2年)

<住宅壁乾式吹き込み工法のルーツ>

当時住宅金融公庫(住宅金融支援機構)の工事共通仕様書に
維系断熱材は室内側に防湿層を設けることが義務付けられていました。
防湿層とは結露防止の方法として室内から発生した水蒸気が断熱材に侵入しないよう
ナイロンで塞ぎさないというもの。
セルロースファイバーの呼吸機能を止める防湿層の義務付けは?
防湿層がなくても結露しない裏付けが不可欠のため試験的実験を始めました。

<セルロースファイバーに防湿層を不要とした試験的実験>
国立秋田工業高等専門学校の山本里美教授によって長期の試験的実験が行われた
国立秋田工業高等専門学校の校庭内に住宅2棟を建て試験的実験が始まった

試験依頼者:吉水商事(株)試験費は吉水商事が文部省に寄付 試験棟の寄付/セーレン(株)
試験結果:調湿性能があるセルロースファイバーに防湿層が不要でも結露しない結果となった
この試験的実験によって国内初の住宅壁乾式吹き込み工法が始まりました
この試験的実験結果は平成6年2月25日日本住宅新聞第733号に大きく掲載された

<銀行券を断熱材に>

日本銀行券は水の入ったタンクの中で
遠心力によって潰され(約800トン/月)
紙質はマニラ麻と楮(コウゾ)と三椏(ミツマタ)の
パルプから取り出した良質な紙 1トン程度の
銀行券を試験的に製造を試みた結果、
製造中に髪の毛や爪を燃した嫌な臭いが出たほか
(近隣の住民に分かるほどの異臭)潰された銀行券に
大量の水分が含まれ大がかりな乾燥装置が
必要であることなどで見送りとなった
2015年(平成27年) 日本銀行券を再検討
以前とは異なり銀行券はシュレッダーで2mm×10mmの形状へと変更され
細かい形状で繊維にするには製造機の改善を要すことや
小さくなった銀行券を繊維にするには生産効率が悪くなることなどでこの計画を断念

セルロースファイバーに銀行券を3%混入し公的試験機関にて
断熱性能試験を試みた結果
厚100mm JIS-A-1412-2:1999試験番号Y B-15-0235
熱伝導率 λ0.040W/m・K 熱抵抗:R2.50m2・K/W
報告日 平成28年2月24日 一般財団法人 日本建築総合試験所

国内の団体

1982年(昭和57年)

●日本セルロースファイバー工業会 設立
(製造メーカーの団体)

当時は工業会に入会することで準不燃の認定を取得することが出来た(通則認定)会員企業
○日本製紙木材 ○王子製袋 ○吉水商事 ○デコス

2000年(平成12年) ●日本セルロースファイバー断熱施工協会(JCA) 設立
(平成2年に開発された住宅壁乾式吹き込み工法(開発者/小泉昭雄)による施工業者の団体)
2010年(平成22年) ●地産eco断熱協会 設立
(地域の新聞で作り地域の住宅に供給する断熱材を地産地消とする企業の団体)

JISの制定から改定の経緯

1985年(昭和60年) セルロースファイバーにJISの制定
吹込み用セルロースファイバーに日本工業標準化法第15条 JIS-A-9525が制定
住宅用断熱材の断熱性能試験方法 JIS-A-1420熱抵抗試験
試験体 厚100mm密度31±3kg/m3
熱抵抗値2.5m2以上で規格値は2.0m2・h・℃/kcal 1.72m2・K/W以上でなければならない
1991年(平成3年) JISの改定 JIS-A-9525を改定
吹込み用セルロースファイバー断熱材
試験体 厚90mm 密度31±3kg/m3
熱抵抗値 3.72m2・K/W 2.0m2・h・℃/kcal
1994年(平成6年) JISの改定
吹込み用セルロースファイバー断熱材JIS-A-9525から
吹込み用繊維質断熱材JIS-A-9523に改定
鉱物繊維と木質繊維の断熱材を繊維系として統合
2016年(平成28年) JIS-A-9523が改定
試験体 厚100mm熱伝導率λ0.040W/m・K以下 密度(天井)25kg/m3以上
密度(床・壁・屋根)40kg/m3以上
地産エコ新聞   関連書籍のご紹介
お問い合わせ・資料請求   断熱工事・リフォームのご依頼