地産eco断熱協会 地域の新聞紙を原料とした、断熱材 エコで快適な住まいを実現します。
地産eco断熱のココがすごい! 地産eco断熱とは
  • HOME
  •  > 
  • 地産eco断熱のココがすごい!
地産eco断熱
 

「セルロースファイバー」とは、新聞紙をほぐした紙の繊維でつくられる素材のことをいい、木からつくられる紙でできた自然素材で、その上、製造から廃棄までのエネルギーが小さく、環境を配慮したエコ断熱材といえます。

セルロースファイバーは、様々な太さの繊維が絡み合い、空気の層をつくることはもちろん、1本1本の繊維の中にも空気胞が存在しています。
この空気の存在がいっそう熱を伝えにくくしているうえに、木質繊維特有の吸放湿性を持っているので、適度な湿度を保っています。

さらに、私たちの「地産eco断熱」は、地域で流通する新聞紙を原料としてセルロースファイバーを製造し、地域の住宅に供給することで、輸送に関わる環境への負担を削減することが可能となりました。

私たちは、地域住民の環境意識を高め、循環型経済社会形成の推進と地域の経済活性化に貢献してまいります。

 
 
地産eco断熱の特徴
 
地産eco断熱は、
断熱 防露 火災 シロアリ 防音
に優れています。
さらに・・・
1.新聞紙から生まれた自然素材
セルロースファイバーの最大の魅力は、何と言っても、自然素材であることです。新聞紙を主原料としているので、木から生まれた断熱材と言っても過言ではありません。人にも、家にも、地球にも安心な優れた断熱材です。
2.専門技術者による隙間のない施工で、高い断熱性能を発揮する
セルロースファイバーは、協会が育成した技術者によって、お客様には安心な施工をお届けしています。
 
 
 
もっと知りたい!地産eco断熱Q&A   地産eco断熱の優れた特徴を見る   導入/入会のご相談・資料請求はこちら